レディース夏デニムのオシャレな着こなし!効果的なリップの使い方

 

レディース夏服のデニムスタイルは、20代後半〜30代前半のアラサー世代にも好きな人が多いことと思いますが、シンプルなだけに、オシャレに見せるには、ちょっと難しい部分もありますよね。

 

夏ファッションでは、身にまとうアイテム数が少なくなるので、自然と色の数も限られて来るし…。

 

そんな時に、実は、けっこう使えるのがリップです。

 

同じデニムスタイルでも、リップの色を変えるだけで、いろいろな女性像を演出することが出来ます。

 

ハイウエストストレートデニムには、セミつやの赤リップ

 

ハイウエストストレートデニム

 

今年っぽい朱色をほのかに感じさせる、ツヤすぎない赤リップは肌なじみがよく、誰にでも似合う色です。

 

ハイウエストのインディゴデニムとストライプシャツのマニッシュなスタイルを、フェミニンな夏コーデにするにはセミつやの赤リップが最適です。


 

ヴィンテージなテーパードデニムには、オレンジリップ

 

ヴィンテージなテーパードデニム

 

ユーズドっぽい色落ちのデニムを、ボーダートップスでヘルシーに着こなす時には、フレッシュなオレンジのリップを選びます。

 

ツヤをタップリ含んだジューシーなオレンジカラーは、ボーダー柄Tシャツやテーパードデニムなど、マリンテイストとのバランスが取りやすいリップです。


 

ハイウエストスキニーデニムには、青みピンクリップ

 

ハイウエストスキニーデニム

 

ハイウエストスキニーデニムと、淡ピンクのオフショルブラウスの組み合わせは、20代後半〜30代前半の大人女子にも人気のスタイルですが、トップスに、既にピンクを使っているので、口紅は少し青みピンクが良く合います。

 

甘さを抑えたシアーな発色で、透け感のあるピュアな青みピンクを選べば、美肌見えの効果も期待できます。


 

バギーデニムには、ヌーディーベージュリップ

 

バギーデニム

 

80年代のムードが漂うバギーデニムには、印象を格上げするベージュのリップがおすすめ。

 

媚びない女っぽさがあるバギーデニムと、鮮やかな赤ニットのコーディネートは、夏のアラサーファッションでも人気の組み合わせです。

 

トップスもデニムもはっきりした色なので、ヌーディなベージュをリップクリーム感覚で、唇にラフに塗るのがキレイに見えるポイントです。


 

カットオフデニムには、マットプラムリップ

 

バギーデニム

 

カジュアルなライトブルーのカットオフデニムなら、発色のいいマットなプラム色リップで、セクシーに仕上げましょう。

 

ベージュのトップスに黒のカーデを羽織って、カットオフデニムをきれいめに着たら、毒っぽいプラムカラーのリップで、ギャップを演出。

 

マットプラムリップは、口角や輪郭を丁寧に塗るのが、女っぽく仕上げるコツです。