この夏、白コーデの次は、ブルーオンブルーのファッションに挑戦!

 

30代 女 トモカ

 

 

Tomokaさんが注目するトレンドコーデ
(30代 女性)


 

全身白コーデや、ほぼ白コーデなどがトレンドになってる今年のレディース夏ファッションですが、20代後半〜30代前半向けの大人カジュアルでは、清潔感のあるブルーもトレンドカラーとして浮上してますよね。

 

確かに、アラサー世代にとっては、どちらかと言うとホワイトコーデよりも、ブルーオンブルーコーデの方が取り入れやすいような気もします。

 

それに、青に青を合わせるコーデと言っても、薄い青(スカイブルー系)と濃い青(ネイビー系)、さらには、素材や柄を変えると、かなりのバリエーションがあります。

 

トーンによって、だいぶ印象が変わるので、青コーデを極めるのも面白そうです。

 

ギンガムチェクシャツにスカイブルーのショートパンツ

ギンガムチェックのシャツに薄い青のショートパンツを合わせるコーディネート

 

普通に着ると、子どもっぽいギンガムチェック柄のシャツも、足元に濃いネイビーのパンプスを履くと、ぐっと大人っぽい印象に。

 

ボトムスにはスカイブルーのショートパンツを合わせると、若々しさとのバランスが取れたミックスコーデになります。

 

腰巻きカーディガンやバッグで使う差し色は白系で決まり!


 

明るさを変えた青で揃えるコーデ

ダークネイビーのブラウスにロイヤルブルーのパンツ

 

トップスとボトムスで青のトーンを思い切り変えてみると、あまり見たいことがない着こなしになり、けっこう新鮮に映ります。

 

例えば、トップスには、黒に近いくらいの半袖Tシャツ、これに、明るいロイヤルブルーのカラーデニムを合わせます。

 

大人シック&ラフの組み合わせで、洗練された印象を演出することが出来ます。

 

かごバッグなど差し色で使うと、さらにお洒落な印象に!


 

カジュアルなデニムにきれいめバッグを合わせる

ダメージデニムにロイヤルブルーのきれいめハンドバッグ

 

ブルーオンブルーのファッションと言えば、外せないのがデニムパンツ。

 

白Tシャツにネイビーのサスペンダーをするだけでも、オシャレ度がアップしますが、もう一工夫するなら、ロイヤルブルーのような上品な青のきれいめバッグを合わせると、さらに、上級者っぽい雰囲気になります。

 

ジーンズに合わせる靴ならスニーカーが鉄板ですが、例えば、同じコンバースでも、きれいめバッグに合わせて、ちょっと綺麗めデザインのシューズを選ぶと、見た目の印象を都会的にシフトさせることが出来ます。


 

ボーダー柄のカットソーには、サックスブルーのスカート

マリンブルーのボーダー柄長袖Tシャツにサックスブルーのスカート

 

夏のマリンファッションの定番、ボーダー柄のカットソーには、明るいサックスブルーのスカートがよく合います。

 

マリンブルー×白のボーダー柄に、ボトムスもサックスブルーだと、両方とも明るい感じになるので、ビーチサンダルは濃い目のネイビーに。

 

全体的に、お茶目で楽しい雰囲気で統一して、バッグはトロピカル柄やリゾート柄など、夏っぽいものにするのもおすすめです。


 

全身青なら靴やバッグでアクセントをつける

ギンガムチェックのシャツに薄い青のショートパンツを合わせるコーディネート

 

青系のオールインワンなどを着れば、簡単に全身青コーデが完成しますが、その場合は、靴やバッグの青のトーンを変えて、アクセントをつけましょう。

 

オールインワンの色も、ロイヤルブルーのようなニュアンスカラーを選べば、より大人っぽい雰囲気になります。

 

ドレッシーなオールインワンには、Gジャンのようなラフな羽織ものを、カジュアルなオールインワンには、上品めなシャツを羽織ってバランスを取るという手もあります。